スタッフブログ

ブレーキシューをリヤドラムの摩耗

2017年10月18日 カテゴリー:くるまの元気屋

 

トヨタ パッソ 121000km

ブレーキシューとリヤドラムの交換作業がありました。

リヤブレーキシューは新品で焼く4mmほどありますが、

今回 0.5mm程度まで減っておりました。

リヤドラムを点検してみると、ブレーキシューが当たる部分

がザラザラと変摩耗しており、シュー交換をしても摩耗も早く

異音の原因になったりしますので同時交換しました。

 

 

メカニック  山口

山口アイコン

 

ウォーターポンプとエア抜き

2017年10月18日 カテゴリー:くるまの元気屋

 

今回は三菱 アイ ウォーターポンプ交換です。

水漏れということで94000kmでの修理です。

同時に冷却水も交換しますが、まず冷却水を抜く箇所が

「ラジエター側」「センター側」「エンジンブロック側ドレイン」の

3か所から抜きます

 

シリンダーブロック側の冷却水がたまりやすいので必ず抜きます。

センター側もしっかり抜いて、抜き終えたら一度水で内部を綺麗に

してから、エンジン側の冷却水タンクから冷却水を入れます。

また継ぎ足しを繰り返し FULLラインより減らなくなったらOKです。

この時、エア抜きプラグを外してそこから冷却水があふれてきたら

エア抜きに移ります。

 

エンジンをかけ、ヒーターを全開でしばらくエンジンを掛けたまま

エアが抜けるまで放置します。

アイは構造上エアが抜けるまでに時間がかかるので大変です。

ファンが回ったら作業完了です。

 

自動車検査員 奥林

%e5%a5%a5%e6%9e%97

話題のオールシーズンタイヤが入荷しました!

2017年10月7日 カテゴリー:くるまの元気屋

 

私、今まで知らなかったんでっすが、雪が積もってノーマルタイヤで

事故を起こしたら罰金が取られるかもしれないんですね。

でも、雪国の方ならスタッドレスタイヤを迷わずに購入しますが

年に1.2回降るか降らないかの雪のためにスタッドレスタイヤを

購入するのはハードルが高いと思います。

冬はスタッドレスタイヤが安全だとわかっていますが、スタッドレス用

のホイールも用意しないといけないし、スタッドレスを新品買っても

夏用タイヤを見たら溝が無いじゃん・・・って事もよくあると思います。

 

グッドイヤーベクター

たまに降る雪のためにスタッドレス購入を迷っている方に朗報です。

グッドイヤーのオールシーズンタイヤ(ベクターシリーズ)

入荷しました。

このパターンはやってくれそうです!

ノーマルタイヤのパターンと比べると、冬をガッチリ掴んでくれそうです。

高速道路の普通タイヤチェーン規制でも走行できます。

価格はブリヂストンのNH100シリーズと同じくらいです。

燃費を取るか? 安全を取るか? 迷うところです。

 

自動車検査員  高橋

 

高橋

運転席窓ガラスが上がらなくなってしまった

2017年10月1日 カテゴリー:くるまの元気屋

 

平成20年1月 HA24S スズキ アルト

運転席窓ガラスを上げようとしたところ、ガリガリ・・・ と音がして

突然窓ガラスが上がらなくなってしまった! との入庫です。

原因は写真のガラスを上げ下げする「ウインドレギュレターの破損」

でした。

171001b2

 

この部品にガラスが取りつけられており、ワイヤーによってガラスが

上下する仕組みです。

今回はこのワイヤーがちぎれてしまっており、ガラスを上下させられなく

なっていました。

今回のお車は、レギュレター単体で部品交換が出来ないタイプでしたので

モーターとのアッセンブリ交換となりました。

 

ウインドレギュレタ

 

もしガラスが動かず、異音がする場合、無理に回し続けず

早めに整備工場へ持ち込んだほうがよいでしょう。

破損部品が拡大する可能性があります

 

自動車検査員 奥林

%e5%a5%a5%e6%9e%97

 

 

電気周りレンズの割れは車検に合格しません

2017年10月1日 カテゴリー:くるまの元気屋

 

今回、車検のお車でリヤのテールレンズが割れているお車の

ご入庫がありました。

レンズの割れやヒビがあると、内部に雨水が入ってしまい

錆が発生することで、電球のショートが発生します。

また運が悪いと、接触不良から発熱して火災に発展する可能性

も考えられます。

 

171001b1

 

ヘッドライト、テールレンズ、ウインカーレンズ等は

割れ ヒビがあると車検に不合格です。

白色レンズに、黄色のウインカー球が付いているタイプでは

電球の色が抜けてきてしまっているのも車検には不合格と

なります

 

整備士 山口

山口アイコン

 

タイヤの内側が・・・

2017年9月28日 カテゴリー:くるまの元気屋

H

18年式 BMW 320i 97000km走行

 

車検で入庫のお車をリフトアップして点検してみると

外側のタイヤ溝はしっかり有るのに、内側角だけ溝が無く

しかもワイヤーが出ている状態でした。

 

BMW320i

 

 

スポーツカーや外国車に良くみらせる状態ですが、

純正でもこのようになってしまいますので、しっかり覗き込んで

点検が必要です。

 

タイヤは、ブレーキとハンドルそして駆動と

全ての車の運動に最も大切な構成部品です!

自分の命のためにも、タイヤは一番に点検してください

 

自動車整備士 野田

野田

走行中に急にエンジンが止まってしまった方に

2017年9月25日 カテゴリー:くるまの元気屋

 

H14年 LA-BJ5W  マツダ ファミリアSワゴン  8万5千キロ

 

走行中にエンジンが止まってしまったとご入庫の車です。

コンピューターで診断してみますと、

P1345 カムポジションセンサ信号異常 が出ていました。

お客様のお話しを聞くと少し乗ったくらいで症状が出なくなって

30分以上走ると症状が出る という事でした。

カムポジションセンサー

このセンサースズキのエンジンでも良く不具合が出ますが、

熱に弱いらしく長時間乗ってセンサーが温まってくると症状が

出るのでセンサーが怪しいです。

 

カムポジションセンサーを交換して、一時間くらい乗ってみて

症状が出なくなったのでこれで作業完了となりました。

電装部品はいつ悪くなるか本当にわからないのです。

更に長時間(遠出)された時に出やすいので、JAFなどの

ロードサービスは入会されることをお勧めします。

 

自動車検査員 高橋

高橋

メグミックス 強力接着剤

2017年9月12日 カテゴリー:くるまの元気屋

 

今回入庫のお車、 ヘッドライト本体を固定るするプラスチックステー部分

が破損していましたので、アッセンブリー交換ではなく補修をしてみました。

(最近の車のヘッドライトユニットは片側5万円は当たり前で、15万円くらい

  するケースもあります)

 

かなり強力な接着剤なので、こていぶぶんが割れていても瞬時に固着して

新品同様近くまで修復することが出来ます。

 

mono09966756-080716-02

 

メグミックス

 

ヘッドライトは固定部分が割れていると、車検不合格となってしまうので

場合によっては、このような修理方法があることを知識に入れておいて

損はないですね

 

自動車検査員 奥林

%e5%a5%a5%e6%9e%97

ファンベルト交換を迷っている方に

2017年9月12日 カテゴリー:くるまの元気屋

 

H25/7登録 39000km走行 MK32S suzuki スペーシア

 

お車の前を少しぶつけたお客様の入庫でした。

外見からすると、少しバンパーがつぶれているくらいの損傷だったのですが

エンジンを始動すると、すごい音がしてエンジンチェックランプが

点灯しています。

点検してみますと、ホーンのステーとACのパイプが押されて

ファンベルトにあたった状態で、ほつれたファンベルトが

オイルコントロールバルブのコネクター部分を破損していました。

「OCVバルブ」

エンジンハーネス側のコネクターが単体では部品が出ないので

今回はかなりの出費となってしまいました。

 

オイルコントロールバルブ

最近のファンベルトは無理して使用続けると、半分だけほつれて

何とか走行はできる様な仕様になっています。

ところが、今回のケースのように二次的に車を壊すこともあり

早め早めの交換が、もっともリーズナブルで安心です

 

自動車検査員 高橋

 

高橋

 

 

クランクプーリーダンパー破損

2017年9月9日 カテゴリー:くるまの元気屋

 

ダイハツ ミラジーノ H15年式  67300km走行

 

14年目という事もあって、タイミングベルト交換の依頼があり

交換作業を進めている途中、ふと先日の講習会で

「クランクプーリーのダンパーゴム破損」 の話をしていて

当該車両ももしかして・・・? と見てみてら

見事にプーリーからゴムが浮いてしまっていました

 

クランクプーリーは、ボルトが閉まっている中心部と、

ファンベルトが掛かっている部分はダンパーゴムで繋がっている

構造です。

タイミングベルト交換時には、同時交換した方が良い と

今回の車を見て感じます。

 

自動車整備士 野田

 

野田アイコン

年別アーカイブ

PAGE TOP